『古事記』~ヤマトタケルの悲劇~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数390
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『古事記』の倭建命の章を検討し、ヤマトタケルは、最後死して白鳥となって翔けていくが、「英雄であるはずのヤマトタケルはなぜ死なねばならなかったのか」という点について、ヤマトタケルの悲劇性を軸に論じたミニレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     景行天皇のとして生まれ、その「建く荒き情」をもって辺境をめぐり、全国平定に】貢献したヤマトタケルは、なぜ死ななければならなかったのか。
     ヤマトタケル説話は、小碓命の兄殺しから始まる。父景行天皇は、小碓命に、朝夕の大御食に出てこない兄大碓命を「泥疑教へ覚せ」と命じた。しかし、五日経っても大碓命が参上しないので、天皇は小碓命に、まだ教え諭していないのではないかと問うと、「すでに泥疑為」と答えた。不審に思った天皇が、「いかにか泥疑つる」と問うと、「朝けに厠に入りし時、待ち捕へてつかみひしぎて、その枝を引きかきて、薦に裏みて投げ棄てつ。」と平然と答えたのであった。それを聞いた天皇は、小碓命の「建く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。