集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数365
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」
     集団援助技術(グループワーク)とは、集団のなかでの意図的なグループ経験を通じて個人の間に働く相互作用を活用して、個人一人ひとりの問題解決能力を高め、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
    G.コイルはグループワークを「ソーシャル・グループワークとは、任意につくられたグループで、余暇を利用して、グループ・リーダーの援助のもとに実践される一種の教育的活動であり、集団的な経験を通して、個人の成長と発達とをはかるとともに、社会的に望ましい目的のため、各成員が集団を利用することである」と定義している。また、G.コノプカはグループワークの原理を、①人間の変化と成長の可能性、②集団のなかでの自己変革、③集団のなかでの相互の影響、④集団のなかでの個別性であるとしている。さらに、コノプカはグループワークを「ソーシャル・グループワークとは、ソーシャルワークの一つの方法であり、意図的なグループ経験を通じて、個人の社会的に機能する力を高め、また、個人・集団・地域社会の諸問題により効果的に対処しうるよう人々を援助するものである」と定義している。つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。