福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数237
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」
     かつての福祉の対象者は、生活困窮者、児童、身体障害者などの限定されたものであった。すべての国民が対象ではなく、正常な一般生活の水準より脱落・背離しまたはそのおそれのある不特定の個人または家族がその対象とされていたのである。しかし、産業構造の変化などにより、家族や地域社会の形態にも変化が現れた。また、地域社会の変化による相互扶助機能の低下に伴い、福祉ニーズの高度化・多様化がおこり、対象者を生活困窮者や要援護者とする限定的なとらえ方では対応しきれなくなってきている。今日、福祉の対象は高齢者、知的障害者、母子家庭などを含め国民全体へと広がっている。福祉専門職者はこのような複雑な変化に対応し、多様な福祉サービスを展開することが求められる。それを実現させるために必要なのが、専門的な能力(知識や技術)と倫理によって構成された社会福祉援助活動なのである。
    〈福祉専門職者に必要な倫理〉
     倫理とは、福祉専門職の価値を前提に組み立てられたものである。社会福祉の実践は、利用者の人格や生活に深く関わり、利用者の人間的存在を全面的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。