日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について述べよ。」
     今日の日本では、教育改革が重要な課題となっている。日本の大学や大学院の教育水準は、アメリカなどの教育先進諸国に比べ低いと言われている。日本の教育制度における「教育力」の不足を解消し、日本が抱える様々な問題を解決することが求められているのである。そのためには、多くの優秀な人材を育成できるように、大規模な教育改革を行うことが必要とされる。
     以下、日本とアメリカの教育制度の現状について述べ、真に能力を伸ばす教育について論じていく。
    〈日本の教育制度について〉
     日本の教育制度の特徴として、まず大学入試の方法が挙げられる。日本では昔から激しい受験戦争に生き残り、偏差値の高い(難しい)大学に入学することが、その後の人生を決定づけると信じられてきた。有名大学に入ることは、そのまま大企業への就職の可能性が高まることを意味していたのである。そのため、日本の受験生は周囲の人間よりもより知名度の高い大学に入り、より良い人生を歩もうと熾烈な受験戦争を繰り広げるのである。
     日本の大学入学試験の合否は、いかに多くの知識を暗記しているかで決ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。