集団援助技術(グループワークの展開過程についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数329
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉援助社会心理発達問題集団援助者

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。」
     集団援助技術(グループワーク)とは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、個人一人ひとりが持つ問題を解決する能力を高め、ニーズの充足を図る技術・方法である。グループワークは、①準備期、②開始期、③作業期、④終結期という展開過程を経て実践される。また、繰り返し実践される集団援助活動の1回1回の中にも、同様にこの4つの段階が含まれている。
     以下に、グループワークの展開過程におけるそれぞれの段階について、グループの発達特徴とメンバーの行動、援助者の役割と援助技術を述べる。
     ⑴ 準備期
     準備期とは、グループが始められるようにするための準備を行う段階であり、援助者による利用者への予備的接触までの段階を指す。援助者はまず、グループを活用した目標達成や問題解決の必要性を見出し、グループ計画の立案を行う。グループ計画を作成する際には、援助者が属する機関や施設全体の関係者に、援助活動の意義や目的を説明し、それぞれの専門的立場からチームとして支援することの合意を得ておくことも重要である。
     また、準備期において..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。