社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数226
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉調査社会情報分析問題統計方法技術

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。」
     「社会福祉調査」は社会調査の一環であり、その理論・技法は社会調査に依拠している。社会調査の系譜は、いわゆるセンサスと呼ばれる社会経済統計の流れと、社会改良運動と結びついた実践的な事例研究を主とする社会踏査の流れに大別できる。
     社会福祉調査は、社会福祉援助技術のうち間接援助技術に分類されており、直接と間接とを問わず、あらゆる援助技術を根底から支える意義をもつ技術である。
     社会福祉調査は、世論調査、統計調査を含む社会調査を応用し、社会福祉問題の抽出及び問題解決と防止のための資料の提供を目的として行われる。現地での直接観察を行い、社会現象の客観的な把握・構造的な分析により、福祉ニーズの的確な把握と分析、提供されているサービスの効果の測定がなされる。
     また、このように現地調査によって社会福祉利用者の生活を把握するとともに、社会的ニーズの発見と分析を通して、社会福祉利用者よりよいサービスを提供するための検討資料を提供する。社会福祉調査の目的は発生した福祉問題の解決による社会改良であり、社会福祉施策の改..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。