社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要かを述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数186
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉環境社会福祉日本社会介護高齢者心理医療法律

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要かを述べよ。」
    〈社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景〉
     昭和62年に開催された国際社会福祉会議では、福祉専門職の資格制度の確立が重要視された。わが国では、それまで「保育士」職以外に、法律上の身分保障のあるものはなかった。そのため、わが国も早急に対応を行う必要があった。同年、「社会福祉士及び介護福祉士法」により、「社会福祉士」「介護福祉士」が誕生したのである。
     「社会福祉士」とは、社会福祉に関する専門的な知識と技術を持ち、身体上、または精神上の障害がある、もしくは環境上の理由により、日常生活を営むうえで支障がある人を対象に、各種相談に応じたり、助言や指導、援助を業とする専門職である。
     「介護福祉士」とは、介護に関する専門的な知識と技術を持ち、身体上、または精神上の障害があることにより、日常生活を営むうえで支障がある人に対し、その入浴や排泄、食事、その他の介護を行うとともに、本人やその介護者に対し、介護に関する指導を行うことを業とする専門職である。
     以下、2つの資格が、国家資格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。