個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数679
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ。」
     個人を援助対象とするケースワークは、ソーシャルワークを具体化していく過程で用いられる最も基本的でかつ重要な技術として発展してきた。具体的に言うと、ケースワークとは、個人と社会環境との関係に焦点をあて、利用者を取り巻く環境条件を社会的側面から調整するとともに、利用者個人に注目し、本人の主体性を形成し、その成長発達を支援しながら、課題を解決していくための援助である。
     ケースワークの展開過程とは、ケースワークの理論を援助者による専門的な働きかけとして、具体的に明示することである。M.リッチモンドは「ケースワークとは、人とその社会的環境との間に個別的な効果を意識して行う調整によって、その人のパーソナリティを発達させる諸過程から成り立っている」と述べている。さらに、P.パールマンは「ケースワークの仕事の本質は問題解決の過程である」と述べ、ケースワークにおける過程の重要性を示唆している。 ケースワークの展開過程をここでは①インテーク、②アセスメント、③プランニング、④インターベンション、⑤事後評価、⑥終結、と区分し、それぞれについて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。