アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともにわが国の医療改革について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数187
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉日本アメリカ医療介護高齢者少子化社会健康保険

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。」
    〈アメリカにおける医療制度の現状〉
    個人主義が主張されるアメリカでは、自己責任・自助努力のもとに貧困や医療問題の解決において、全面的に公的扶助に依存すべきではないという思想が一般的である。
     そのため、国民全体を対象にした公的医療保障制度は制度化されておらず、無保険者は国民の役14%に及んでいるといわれている。保険加入者は民間保険を中心に行われている「メディケア(公的高齢者医療保険)」や民間の医療保険に加入しており、低所得者に対しては、「メディケイド(低所得者医療扶助)」により医療扶助が行われている。
     ⑴ メディケア
     メディケアとは、連邦政府によって運営される社会保険のことである。その対象者は65歳以上の高齢者、障害者年金受給者、終末期腎臓疾患患者である。
     メディケアのプランはパートA、B、Cに分かれている。パートAは入院とホーム・ヘルスケア、ホスピス・ケアなどである。パートBは医療を広範囲にわたってケアしているが、薬剤費や検診費用、義歯や眼鏡など医療器具費や高齢者に必要なパーソナル・ケア(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。