小児紙上事例2学習課題①

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,198
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

                          NO.1
    事例2 学習課題1:「ニード理論」の理論的背景、意義、活用方法について
                    学籍番号:1201438
                    氏名:城西 道代
    序論
     ニード理論の対象をとらえる基本的な視点は、人間が持つ普遍的なニードに焦点を置き、人間は自分ですべきこと(基本的ニード)を自分で満たすことができる存在であるという前提が基盤となり、看護の概念に当てはめると、人間はニードを持ち、健康はニードが充足された状態で、環境はニードを充足する人間の能力に影響を与えるもので、看護は充足されないニードを明らかにし、そのニードを充足し、患者自身が自分で充足することができるように援助することと定義されており、ヘンダーソンの理論は、基本的看護ケアが普遍的な人間の欲求に由来するという前提からあらゆる患者に当てはまるばかりでなく、家庭、病院、学校、工場などあらゆる看護の場に当てはまると説いている。
    本論
     ヘンダーソンは、第一次世界大戦をきっかけに看護への関心を高め、1918年にワシントンの陸軍看護学校へ入学し、卒業後はニュー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。