自宅での発電エネルギー、地球温暖化対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数146
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自宅での発電エネルギー
    -地球温暖化対策-
    [날짜 선택]
    はじめに
    21世紀は20世紀の工業の発電によって環境がかなり悪化している。20世紀が工業を発展させ、経済成長を図った時代としたら、21世紀は逆に工業によって破壊された環境のための産業が注目を浴びている。工業の発展によって地球のオゾン層が破壊され今は温暖化問題がグローバルに捕らえられている。政府、企業レベルでは人類の未来のために温暖化対策をうってある。だが、ローカルなレベルではどうであるのか。環境保護はグローバル問題という意識が高まっていて、大きく捕らえがちである。だが、身の周りからの環境のための活動がグローバルなことに繋がる。
    まだ火力発電、原子力発電が主流であるがこれからは環境を想う発電が開発されるだろう。日本は早くも自然エネルギーの研究、開発に取り組んでいて‘エコ’意識が高まっている。自然エネルギーには太陽光、風力、潮力、地力などがある。上記の「日本の電源別電力供給比率」の図を見ると日本国内での電力供給の割合がわかる。その中で新エネルギーは割合がまだ1%の比率である。それほど、まだ再可能エネルギーはまだ研究、開発段階である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。