中国経済ー計画出産政策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数205
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国の計画出産政策
    [문서 부제 입력]
    2012-12-18
    [회사 이름 입력]
    user
    研究目的
    “人口13億”の人口大国である中国人民共和国の建国当時は4億5千万弱と推定されていたが“人間には口(消費者)一つに手(生産者)が二本ある”という毛沢東の主張と共に1953年に行われた第1次全国人口調査では5億8千万人と測定され、ますますと人口は増加していった。人口が増加されるにつれて発生する食糧、居住、近代化への妨げなど社会問題に直面するようになった。そのため、政府は1962年に人口調節を行うために計画出産の政府的指示を下すことを公表した。1964年には、中国政府の計画出産を統括する最高機関である‘国務院計画生育委員会’を設立し各省、市、及び農村地域まで計画出産委員会が構成された。1972年当時、政府は一家に三人、翌年には二人、そして経済改革が実施された1978年からは‘第4次5年計画’を通じて‘一人っ子政策’が本格的に実施された。1982年からは中国の憲法からも制定され、経済改革政策と共に推進された計画出産政策は人口を効果的に抑制し、それに伴う社会福祉及び国民の能力向上、社会基盤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。