血圧

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数819
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①血圧とは
    ②最高血圧,最低血圧とは
    ③血圧の正常範囲
    ④平均血圧とは
    ⑤低血圧とショック
    ⑥血圧基準値
    ⑦高血圧の原因・本態性高血圧と二次性高血圧
    ⑧本態性高血圧の危険因子
    ⑨高血圧の危険性
    ⑩日本における高血圧
    ⑪液柱型血圧計(聴診法・触診法)
    ⑫弾性型血圧計(聴診法・触診法)
    ⑬家庭用血圧計(電子血圧計)
    ⑭水銀血圧計での測定手順と注意点
    ⑮高血圧の治療

    参考文献有り
    句読点は全角,と.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    題名
    「血圧の基礎知識及び血圧測定方法について」
    担当教員名 : 
    提出日 : 
    学科 : 
    学籍番号 : 
    氏名 : 
    ①血圧とは
    血圧は心拍出量と末梢血管抵抗の積1)で表わされる.例えるなら,ホースに流れる水の量とホース自体の圧力の積2)である.
    ②最高血圧,最低血圧とは
     心室の収縮期における血圧を収縮期血圧(最高血圧)と呼び,心室の拡張器における血圧を拡張期血圧(最低血圧)3)と呼ぶ.また,血圧の表記はしばしば,最高血圧/最低血圧mmHg(ミリ水銀柱)3)と表わされる.
    ③血圧の正常範囲
    成人男性の血圧の正常範囲は100~140/60~90mmHgであり,正常値は120/80mmHgである.また,血圧の正常値は年齢や性別によって差がある.例えば,2歳児の正常血圧は95/65mmHgとなっている.3)
    ④平均血圧とは
     平均血圧は三分の二の拡張器血圧(最低血圧)と三分の一の収縮期血圧(最高血圧)との和で求められる.器官は平均血圧を感知しているため平均血圧は重要な要素であり,また平均血圧は拡張器血圧に偏って表現されているため,拡張器血圧を重視することが臨床上の基本となる.3)
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。