明星大学 児童進路指導論 1単位目 合格レポート 2013

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数259
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    明星大学 児童進路指導論 1単位目 合格レポート
    【使用テキスト】
    参考文献:児童進路指導論(明星大学 配本 2013)
         「追補版 生徒指導-小学校-」  味形修
    【課題】
    学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    【講評】
    学級における児童同士の人間関係を良好なものにして、円滑な日常の活動、学習等の生活が送れるような企画を、教師に求め、期待しています。具体的な取り組みをイメージし、その中で生徒指導の3つの機能がどう発揮できるか、さらに探ってみてください。
    児童進路指導論①
     生徒指導を行うにあたり、まずその基本となるのが人間関係づくりである。学習指導要領総則でも、教師と児童の信頼関係、児童相互の人間関係を育て、児童理解を深めながら生徒指導の充実を図ることと、書かれており求められている。生徒指導にとって、一番大切なのは、人格の育成にかかわる課題である。児童の人格の育成を目指した指導の先にあるものは、児童1人1人の社会性を培い、社会人と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。