人権教育(人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校教育における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数259
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校教育における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ。」
    国際連合は、1975年から2004年を「人権教育のための国連10年」と決議し、行動計画を策定した。それによって、すべての人々、とりわけ人権侵害を受けやすい人々を対象とする人権教育活動が重要視されるようになった。また、人権の実現に影響力をもつ法律家や教員、公務員にあるいはマスメディアなど特定の職業に従事する人を対象とする人権啓発活動がめいかくに位置づけられた。
    我が国においては、国連の提唱を受けて、1997年に、「国内行動計画」を策定・公表するとともに、2000年には、「人権教育及び人権啓発推進法」を制定した。
    さらに、この法律に基づいて2002年には「人権教育・啓発に関する基本計画」が策定された。この基本計画に掲げられた人権に関する重要課題は、女性、子ども、高齢者、障害者、同和問題、アイヌの人々、外国人、HIV感染者・ハンセン病患者等、刑を終えて出所した人、犯罪被害者等、インターネットによる人権侵害などについてである。この基本計画では、法の下の平等、個人の尊重という..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。