教師論(これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数243
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B+判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ。」
    現代における日本の学校は、学力低下、いじめ、不登校、校内暴力、学級崩壊など様々な問題を抱えている。これらの原因として主に考えられるのは、複雑化している今日の日本の社会の状況である。学校だけではなく、これらの問題には家庭や地域環境が複雑に絡んでおり、特に社会の変化や家庭環境が、子供たちの生活や精神的な部分に大きく影響しているように感じる。そして、これらの問題は簡単に解決できるものではなく、今後もさらに深刻さを増していくのではないだろうか。このような現代社会を生きる子供たちに対して、これからの教員にはどのような資質能力が求められるのだろうか。
     子どもたちの人間形成に直接携わる教員は、非常に大きな責任を担っているのである。1996年に中央教育審議会によって発表された「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」の第2部第1章「これからの学校の在り方」新しい学校教育の実現のため条件整備等②教員の資質・能力の向上では、子供たちの「生きる力」をはぐくむことを基本とするこれからの学校教育の実現を目指すために、教員の資質・能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。