情報科指導法Ⅰ(情報教育の3つの目標である、「情報活用の実践力」、「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」をそれぞれ育成するための指導法を具体的に述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数103
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報教育の3つの目標である、「情報活用の実践力」、「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」をそれぞれ育成するための指導法を具体的に述べよ。」
    1.情報教育の目標
    平成11年の改訂時、教科「情報」を開設するに当たって、「情報化の進展に対応した初等中等教育における情報教育の推奨等に関する調査研究協力者会議」は、平成9年10月の第1次報告「体系的な情報教育の実施に向けて」(以下、「第1次報告」)において、情報教育の目標の観点を「情報活用の実践力」、「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」の三つに整理している。平成21年改訂では、情報教育の目標の観点として引き続きこの3観点を位置づけている。改めて、それぞれの意義や目指す能力・態度について正しく理解することは重要である。なお、学習指導要領では、情報教育の目標の3観点に整理された能力・態度を情報活用能力と、また、情報活用能力をはぐくむ教育を情報教育ととらえている。
    2.情報活用の実践力について
    第1次報告では、「情報活用の実践力」を「課題や目的に応じて情報手段を適切に活用することを含めて必要な情報を主体的に収集・判断・表現・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。