情報処理演習Ⅱ(インターネット時代のセキュリティについて、具体的な例を挙げて、自由に論じよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数217
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「インターネット時代のセキュリティについて、具体的な例を挙げて、自由に論じよ。」
    1.インターネット時代
    インターネットは企業活動や我々の生活になくてはならない情報インフラとなった。インターネットの進化によって、さまざまな情報を速く、簡単に手にいれたり、低コストで効果的に多くの人々に情報を伝達できるようになった。しかし、我々の社会の利便性を大幅に向上させたインターネットだが、利用する際にはデメリットも存在する。これは、情報に触れる機会の格差が経済格差などを助長する「情報格差」、「コンピュータウィルス」や「不正アクセス」などの情報セキュリティ上の問題が挙げられる。
    情報システムにおけるセキュリティとは、その情報システムを安全に「利用できる」「利用できるようにする」ことを指す。インターネットを使うシステムでは、機密情報を盗まれたりしないこと、情報が改ざんされたり破壊されたりしないこと、いつでも必要なときにコンピュータやインターネットを利用できることがセキュリティに求められている。
    ここ数年、不正アクセスによるホームページの改ざんやコンピュータウィルス、あるいは企業や学校などでの個人情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。