社会情報学((1)コンピュータネットワークの普及時に流行した「IT革命とは何であるか、)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数115
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「(1)コンピュータネットワークの普及時に流行した「IT革命とは何であるか、
    (2)教科書が論じている「情報過剰時代」とは何であるか、事例を挙げつつ明らかにせよ。」
    (1)コンピュータネットワークの普及時に流行した「IT革命とは何であるか。
     IT革命とは、情報技術の発展によって、社会や生活が変革することである。情報技術(IT)との関係性から、IT革命、情報技術革命とも呼ばれる。
     1980年代以降、急速に発展したコンピュータ・情報通信技術は社会や生活のあり方に劇的な変化をもたらしている。21世紀に入り、一定額を支払えば接続し放題となる定額制のブロードバンド回線やデータ通信端末、公衆無線LAN、携帯電話などの普及により、常時インターネットに接触できる環境になっている。産業構造などにもたらされた変革は18世紀の産業革命にも劣らないことから、情報技術による革命=「IT革命」と呼ばれる。また、脱工業社会の観点からも、情報化した社会は情報社会と呼ばれる。情報社会という言葉は情報技術革新の範疇に限らない場合もある。
     人類の技術から考えると、最初に農業による農業革命が起こったとされ、その後の工業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。