教育方法論中等教育(児童生徒の立場に立っての分かる授業について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数89
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B+判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童生徒の立場に立っての分かる授業について」
    生徒児童の立場に立っての分かる授業とは、教師が強制的に学習させ、丸暗記させるものではない。分かる授業とは、児童生徒が自ら分かる、知る、できるという実感をし、学習することの楽しさや、意欲的に授業に取り組む姿勢を形成することである。
    分かる授業に関しては、中学校学習指導要領の学習指導について配慮すべき事項の中に以下のように示されている。
    一つ目は、各教科の指導に当たっては、体験的な学習や問題解決的な学習を重視するとともに、生徒の興味・関心を生かし、自主的・自発的な学習が促されるよう工夫すること。
    二つ目に、各教科の指導に当たっては、生徒が学習内容を確実に理解し身につけることができるよう、個別指導やグループ別指導、学習内容の習熟の程度に応じた指導、教師の協力的な指導方法や指導体制を工夫改善し、個に応じた指導の充実を図ること。
    三つ目に、各教科の指導に当たっては、生徒がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を積極的に活用できるようにするための学習活動の充実に努めるとともに、視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ること。
    四..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。