日大通信 地誌学Ⅱ 合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数475
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信地誌学Ⅱ合格

    代表キーワード

    日本大学地誌学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地誌学Ⅱ
    アメリカ合衆国の大都市が抱えている諸問題について、とくに地域性(事例に選んだ都市が立地している)の特色に留意して説明しなさい。
    「参考文献を複数取り上げることがリポート提出の条件である」
    ポイント→沿岸部の大都市を事例として選ぶこと。何らかの客観的なデータを示すこと。
    キーワード→メガロポリス化、人種問題、ウォーターフロント開発、産業集積
    ここでは、アメリカ合衆国のメリーランド州ボルチモアを例に、ウォーターフロント開発によって生じた問題と人種問題について説明する。
    都市のウォーターフロント再開発は、合衆国の沿岸地域を彩る重要な要素である。1920年代から第二次世界大戦にかけて合衆国の大都市のウォーターフロントは、経済の発展を支える最も重要な役割を担っていた。製鉄所や発電所が立地し、水運に依存するあらゆる工業が活動し、港では大量の商品が国内だけでなく世界中と取引されていて、活気にはあふれていたが、水は汚れ安全で快適な場所とはいえなかった。1950年代の後半から重工業の衰退と輸送手段の革新が進むにつれて港は活気を失い、ますますうらぶれた場所になった。しかし、模索がはじめられ197..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。