日大通信 教育の歴史 合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数157
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    日本大学教育の歴史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の歴史
    設問
    ヨーロッパとアメリカにおける18.19世紀の教育の重要性を、現在の教育への影響という視点から考察し、その概要を簡潔に述べなさい。
    ポイント
    ヨーロッパとアメリカの18.19世紀の教育は、その教育思想や教育実践が、近代教育や現代教育の基礎を築いたといってよい。この時代に登場した代表的な教育家について彼らの教育思想やその実践について広く理解しておくことが望ましい。
    キーワード
    啓蒙時代の教育、産業革命と教育、近代公教育思想
    18世紀ヨーロッパは啓蒙主義の時代であり、人間性の開発ということが時代の大きな関心事であった。そして、人間形成に人びとの関心が注がれることは、当然のことながら、教育のあり方をも変えていく。とりわけドイツでは、18世紀は「啓蒙の世紀」であると同時に「教育の世紀」といわれ、ヨーロッパ諸国に先駆けて、新しい教育の理念の構築と、それを具体化するための制度の整備が進められた時代であった。カントが短期間ながらもケーニヒスベルク大学で人間学と平行して教育学の講義を担当していたのもこのような時代の趨勢と無縁ではない。カントは啓蒙主義の完成者といわれるが、かれにとって啓..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。