日大通信 哲学概論Ⅰ 合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数307
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学概論Ⅰ
    近代哲学に現われる「人間中心主義」について説明しなさい。
    ポイント
    近代哲学は、ルネサンスを転機として、神中心から人間中心へと、信仰から知識(科学)展開することになる。
    近代哲学においては、人間の自由が尊重されて、人間の理性能力や経験を頼りとして知識が探究されることになる。
    キーワード
    ルネサンス、主観主義、デカルト、カント、ベーコン
    参考文献
    「哲学・思想辞典」 岩波書店
    「哲学辞典」 平凡社
    近代哲学に現われる「人間中心主義」を説明するには、中世の人々が抱いていた思想や価値観と比較する必要がある。そこで、まず初めに、中世の人々が抱いていた思想や価値観について説明する。
     中世の人々が抱いていた思想や価値観の柱は神であり、それは日常と切り離せないものであった。西欧中世の教会・修道院の学校(スコラ)の学者・教師たちによって担われた学問である「スコラ学」では、以下のような二つの考え方があった。一つ目は、万物には魂が内在しており、それが物質を動かす原動力になっているというものである。この魂は、精神から天使を経て、最後には神に至ると考えられていた。二つ目は、神によって「位序」が与..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。