日大通信 国際政治論Ⅰ 合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数204
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治論Ⅰ
    次の中から2つ選び、選んだ番号を明記して、それぞれキーワード2つを使用して解答しなさい。
    E.ハースの「スピルオーバー・モデル」を使用してEU(欧州連合)の統合過程を説明せよ。 キーワード→ローポリティクス、マーストリヒト条約
    キーワード→ローポリティクス、マーストリヒト条約、共同市場、ハイポリティクス、新機能主義、ニース条約
    ポイント→欧州石炭鉄鋼共同体設立(1952年)からの歴史を理解。資源開発・共同市場から政治・外交への統合プロセスの観測。
    EU(欧州連合)とは、1992年のマーストリヒト条約により創設された国際機構であり、主に欧州経済共同体(EEC)、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州原子力共同体(EURATOM)の3つの集合共同体である欧州共同体(EC)を核に構成されている。また、EU圏内は外交、安全保障、貿易の自由化を実現するとともに、2002年には単一通貨ユーロが発足し、現在アメリカに次ぐ経済圏を形成している。
    ここではEUの統合過程をE.ハースの「スピルオーバー・モデル」を用いて説明する。
    アメリカの政治学者E.ハースは政治統合について、個々の国家の政治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。