死生観

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,327
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護死生観他者生きる自分

    代表キーワード

    死生観

    資料紹介

    死生観 看護の視点より

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「死生観」
                              看護の視点より
        
    私は、このレポートを記述するにあたって、「死生観」とはいったいどういうことなのかがイメージすることができなかった。辞書で調べると「生きること、およびその延長上にある死に対する個人の考え方や受け止め方。」とあった。
    生きることとはなんなのか、死とはなんなのか深く考えたことがない。そのため自身の死生観はまだ確立されてないと考える。
    自分にとっての生とは、今まさにこの時を迎えていることだと思う。食事をしたり、布団で寝たり、友達と話をしたり、このごく当たり前のサイクルが生きるということだと思う。そして、死とは、体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。