【日大通信】0450 英語音声学 分冊2 合格レポート(H25-26年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数999
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0450 英語音声学 分冊2
    [課題]
     英語のアクセントとイントネーションについて、例文をあげて説明せよ。
    ーーー
    最新課題のレポートです。「よくまとめられています」との評価をいただきました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0450 英語音声学 分冊2
    [課題]
     英語のアクセントとイントネーションについて、例文をあげて説明せよ。
    [レポート本文]
     ある語、句、文において特定の音節が他の音節よりも目立って聞こえる時、その音節にアクセントがあるという。アクセントには語アクセント、複合語アクセント、 句アクセント、文アクセントが存在し、それらは英語の持つリズムと関連する。
     単語を形成するいくつかの音節のアクセントを語アクセントと呼ぶ。品詞によってアクセント型がことなる単語や、米音と英音でアクセント型がことなる単語も多く存在する。
    record/(名詞)récord (動詞)recórd
    dictionary/(米音)díctionàry (英音)díctionary
     2つ以上の単語が密接に結びついて1つの語のようにまとまったものを複合語と呼び、そのアクセントのことを複合語アクセントと呼ぶ。第1要素に第一アクセント、第2要素に第二アクセントを持つ型と、第1要素、第2要素ともに第一アクセントを持つが、後者の第一アクセントの所でピッチが著しく下降する型の二通りの型がある。
    ●I + ・型:ậirp..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。