【日大通信】0086 英米文学概説 分冊2 合格レポート(H25-26年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数702
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0086 英米文学概説 分冊2
    [課題]
     教材の第5章を読んで、William シェイクスピアの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    ーーー
    最新課題のレポートです。「多くの引用がなされ、具体性のあるレポートとなっています」との評価をいただきました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0086 英米文学概説 分冊2
    [課題]
     教材の第5章を読んで、William シェイクスピアの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    [レポート本文]
     シェイクスピアの劇の特質は大別すると、物語・性格描写・構成・雰囲気の4つに分けることができる。
     最初に物語について述べる。劇作家にとって物語をいかに伝えるかは、小説家のそれに比べ難しい作業となっている。それは小説であればどこでも以前の出来事を改めて記述できるのに対し、劇においては舞台の前に立ってこれを語ることができないからである。必要な情報は劇の中で登場人物が直接語るという手法をとる必要がある。
     例を挙げるとThe Tempestの冒頭は、無人島の嵐のシーンから始まる。
    MIRANDA: If by your art, my dearest father, you have put the wild waters in this roar, allay them. The sky, it seems, would pour down stinking pitch..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。