【日大通信】0021 法学 分冊2 合格レポート (H25-26年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数783
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0021 法学 分冊2
    [課題]
     違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。
    (有効期間 :平成25年4月1日〜平成27年3月31日)
    ーーー
    最新課題のレポートです。「レポートの構成が良く、違憲立法審査権の意義を良く理解しています」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0021 法学 分冊2
    [課題]
     違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。
    [レポート本文]
     違憲審査権とは一切の法律、命令、規則、処分が憲法に適合するかどうか決定する権限のことである。その意義・根拠は「憲法の最高法規性」及び「基本的人権尊重の原理」によって説明される。憲法の最高法規性とは、憲法は国の最高法規であって、それに反する法律、命令その他の国家行為は違憲・無効であるが、それは国家行為の合憲性を適正に審査・決定する機関があってはじめて現実に確保されるということである、基本的人権尊重の原理とは、基本的人権が立法・行政両権によって侵害される場合に、それを救済する「憲法の番人」として、裁判所ないしそれに類する機関による違憲審査制が要請されるというものである。言い換えれば、違憲審査権はヨーロッパ大陸諸国において第二次世界大戦中に経験した独裁制に対する深刻な反省に基づき、過度の国家権力を抑制し、三権の適正な均衡を図る意味合いを持つものである。
     裁判所による違憲審査制には、特別に設けられた憲法裁判所が、具体的な争訟と関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。