【日大通信】0021 法学 分冊1 合格レポート (H25-26年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数875
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0021 法学 分冊1
    [課題]
     裁判規範の1つとして、刑事訴訟法319条1項がある。この規定の機能について論じなさい。
    (有効期間 :平成25年4月1日〜平成27年3月31日)
    ーーー
    最新課題のレポートです。「刑事訴訟法の意義を良く理解しています。」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0021 法学 分冊1
    [課題]
     裁判規範の1つとして、刑事訴訟法319条1項がある。この規定の機能について論じなさい。
    [レポート本文]
     刑事訴訟法319条1項は、人間性に対する配慮と自白偏重による人権無視を防止するために規定されている。刑事訴訟でいう自白は、被疑者・被告人が犯罪事実を認めることをいう。かつて自白は有罪判決に直接的に結びつく証拠となることが多かったため、その自白を得るべく人権侵害を伴う過酷な取調べが捜査機関によって行われることが頻発していた。また、裁判所にも自白があることのみによって安易に有罪判決を下す傾向がみられ、それが原因となって誤判へとつながることも多かった。このような状況は、自白により冤罪が生み出されているとも言える状況であった。この状況を改善するために、自白に証拠としての価値を認めるための要件を定め、自白の証拠能力を制限する必要が生じたのである。
     そこでまず捜査機関の捜査上の規範を正すと同時に裁判所の自白偏重に歯止めをかけるべく、日本国憲法第38条第2項において、強制、拷問、脅迫による自白、不当に長く抑留、拘禁された後の自白について、証拠と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。