【日大通信】0075 保健体育講義Ⅱ 分冊1 合格レポート(H25-26年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数575
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0075 保健体育講義Ⅱ
    [課題]
     練習によってどのように上達していくかを、「認知構造の再構造化」の過程という観点からまとめなさい。その際、スポーツ活動や楽器の演奏などの中で、自分自身がこれまでに上達する経験をしたことがあるものを例に挙げ、「認知構造の再構造化」の過程に当てはめて説明しなさい。
    (有効期間 :平成25年4月1日〜平成27年3月31日)
    ーーー
    最新課題のレポートです。「必要な事項が端的にまとめられています。」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0075 保健体育講義Ⅱ
    [課題]
     練習によってどのように上達していくかを、「認知構造の再構造化」の過程という観点からまとめなさい。その際、スポーツ活動や楽器の演奏などの中で、自分自身がこれまでに上達する経験をしたことがあるものを例に挙げ、「認知構造の再構造化」の過程に当てはめて説明しなさい。
    [レポート本文]
     練習による上達を「認知構造の再構造化」という観点で見ると、認知レベルに関して大きく「未分化」「分化」「統合」の三段階に分けることができる。以下に各段階の詳細を述べる。
     まず認知レベルが「未分化」の段階であるが、これは対象の動作に対する経験や情報が少なく、試行錯誤的な判断をしなければならないという段階である。すなわち、たまたま上手くいった時を除き、大半は意図とは異なる動作となってしまう状態である。この段階を脱するには繰り返し練習を行い適切なフィードバックを大脳に送ることで、技能の修得に必要な情報を大脳に蓄積する必要がある。
     次のレベルが「分化」の段階である。この段階はある程度練習の効果があがり、蓄積された経験のもと対処法に関する情報も多くなっており、動作に必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。