【日大通信】0903 現代教職論 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数771
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0903 現代教職論 分冊1
    [課題]
     1998年に教育職員免許法の改正が行われた。その改正がすすめられた背景について簡単に説明し、改正された教育職員免許法(施行規則)にこめられた「教師が身につけておくべき資質・能力」とは何かについて論述しなさい。
    ーーー
    「体系的で読みやすいレポートにまとまっています。」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0903 現代教職論
    [課題]
     1998年に教育職員免許法の改正が行われた。その改正がすすめられた背景について簡単に説明し、改正された教育職員免許法(施行規則)にこめられた「教師が身につけておくべき資質・能力」とは何かについて論述しなさい。
    [レポート本文]
     1998年に教育職員免許法改正進められた背景には大きく三つの理由がある。
     一つ目は前回の免許法改正以後における教育改革の進展との整合を取るためである。具体的に言えば、個性重視の原則が前面に出されたことを受けての「個性の尊重を踏まえた教育」を推進していくためには、そもそもにして教員自身が個性を有することが必要となり、その養成・採用・研修が不可欠となったのである。また、平成3年に大学設置基準改正による大綱化がなされ、教育課程編成における大学の裁量が大幅に認められたが、前回の免許法改正が大綱化の3年前であったために、大学の教職課程に対する規則が強いままであった。そのため、免許法と大学設置基準との整合性をとる為には、養成カリキュラムの編成における各大学の裁量を認める施策が必要となったのである。
     二つ目は近年発生している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。