【日大通信】0947 教育カウンセリング論 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数662
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0947 教育カウンセリング論 分冊1
    [課題]
     教育カウンセリングの意義、目的、それが必要とされる背景・要因を論じ、カウンセラーに求められる基本的態度及びカウンセリング・マインドについて説明しなさい。
    ーーー
    「教科書の内容を理解し、しっかり記述されています」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [課題]
     教育カウンセリングの意義、目的、それが必要とされる背景・要因を論じ、カウンセラーに求められる基本的態度及びカウンセリング・マインドについて説明しなさい。
    [レポート本文]
     まず、教育カウンセリングの意義、目的、必要とされる背景・要因について述べる。
     最初にカウンセリングの定義を確認しておくと、カウンセリングとは、何らかの悩みや問題を抱えた人あるいは抱えそうな人(クライエント)が、その解決や処理・決断に困難を感じたとき、援助を必要とする人と、専門的訓練を受けた援助者であるカウンセラーが、面接やグループワークによる言語および非言語的コミュニケーションを通しての心理的相互作用によって、行動の変容を試みる援助的プロセスである。
     これを踏まえ学校カウンセリングを定義すると、上述の援助的プロセスが学校教育の中で行なわれることとなる。すなわちこの場合援助を必要とするクライエントは児童・生徒であり、それを援助する者はカウンセラーは教師、または専門家であるスクールカウンセラーとなる。
     学校カウンセリングの目的であるが、文部科学省によるとその目的は「カウンセリング・マインドを持った教員..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。