【日大通信】0905 教育の歴史 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数483
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 0905 教育の歴史 分冊1
    [課題]
     ヨーロッパにおける17、18世紀の教育の重要性を現在の教育への影響という視点から考察し、その概要を簡潔に述べなさい。
    [レポート本文]
     現在の教育は17、18世紀のヨーロッパにおける教育思想や教育実践の影響を色濃く受けている。中でも特に大きく影響を及ぼしていると考えられる3つの要素について述べる。
    ーーー
    「教科書を十分に理解し、きれいにまとめられています」との評価を頂きました。レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 0905 教育の歴史
    [課題]
     ヨーロッパにおける17、18世紀の教育の重要性を現在の教育への影響という視点から考察し、その概要を簡潔に述べなさい。
    [レポート本文]
     現在の教育は17、18世紀のヨーロッパにおける教育思想や教育実践の影響を色濃く受けている。中でも特に大きく影響を及ぼしていると考えられる3つの要素について述べる。
     まず最初に挙げられるのがリアリズムの教育である。17世紀のヨーロッパには既に紙の使用が広まっており、加えて印刷技術の進歩により知識の伝播は格段の向上を見せていた。そういった土台もとで後世に名を残す科学者の活躍が相次ぎ、この時代ヨーロッパの自然科学は大いに発展した。コペルニクスの地動説を立証したガリレイや、万有引力の法則を発見し、力学の体系を確立したニュートン、近代科学の方法論を示したベーコンなどがその代表例である。
    また、こうした科学上の進展に加えて、コロンブスの新大陸発見に代表される地理上の新しい知見が、ヨーロッパに次々ともたらされた。現実のヨーロッパ世界に、航海などによって得られた新しい知見を加えて、より実際的な教育が求められるようになっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。