日大通信 商業英語Ⅱ 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数394
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本人はプレゼンテーションが不得手であるといわれているが、その理由を出来るだけ多く挙げて対応策を記述しなさい。プレゼンテーションの定義も明記しなさい。そして、プレゼンテーションを成功させるための諸条件を具体的にわかりやすく記述しなさい。自分が「プレゼンター」だったら、どのような意気込みでプレゼンテーションに臨むか?書きなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 商業英語Ⅱ 分冊1 平成25、26年度課題 合格レポート
     まず、プレゼンテーションは、自分の考えや思いを発表し、相手に理解してもらうことが目的である。よって、プレゼンテーションはその目的を達成するための手段である。広い意味では、学術的な発表や単なる自己紹介にもプレゼンテーションが利用される。ビジネスにおけるプレゼンテーションとは、製品を売り込む手段であり、相手に商品の良さを理解してもらうことが目的である。さらに、ただ単に理解してもらうだけでなく、交渉を成立させることが最終的な目標である。今日では、その目標を達成させるための手段として、プレゼンテーションは重要度が増してきている。
     日本人はプレゼンテーションが苦手といわれている。その原因の1つは、人前で話す習慣が少ないことである。日本では、自分の思いを堂々と発表するという事がよいこととされてこなかった。教育においても読み書きが重要視され、ディベートやパネルディスカッションが行われてこなかった。そのために、会議においては黙るというのが日本人の特徴となってしまった。このような習慣がプレゼンテーションに対する苦手意識を生んでしまっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。