日大通信 商業英語Ⅰ 分冊1 平成27、28年度課題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数557
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 商業英語Ⅰ 分冊1 平成27、28年度課題 合格レポートです。評価は、A。文章の表題には、平成25、26年度課題と書いてありますが、27、28年度課題と同じです。
    課題:商談・交渉を成功に導くための諸要件を出来るだけ多く挙げて、その理由を分かりやすく、出来るだけ実例(自分の体験でもよい)などを引用して記述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 商業英語Ⅰ 分冊1 平成25、26年度課題 合格レポート 
     商談、交渉を成功に導く要素はたくさんあるが、その中でも日本人が苦手とする要素について挙げていく。日本人同士の商談、交渉となると現代の国際的な流れとは異なり、独特な性質をもっている。ホスピタリティという点で考えても、日本人が培ってきた「おもてなしの心」というのは、国際的な商談、交渉では通用しないところもある。ここでは、そういった国際的な面から、日本人に求められる要件を取り挙げている。
     まず1つ目は、沈黙をなくすことである。その中でも、商談、交渉の前後における連絡がまず重要である。まず、商談、交渉の前にアポイントを取るのであるが、そこで自分を知ってもらうことと、自分も相手のことをよく知ることが大切である。日本人は、こういったビジネス上の連絡においては、プライベートな事は排除しがちである。さらには、失礼にあたると捉えられることもある。しかし、相手のことを知らないことには、スムーズな商談、交渉は不可能である。相手のことを知るには、まず自分の紹介をすることである。それは、日本人がよく行う、会社、肩書き、名前の紹介ではなく、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。