日大通信 交通論 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数745
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信交通論分冊2

    代表キーワード

    日本大学交通論

    資料紹介

    課題:日本を観光立国化するに当たり、訪日観光客数(inbound)の増大が必要不可欠である。とくに、中国人の訪日観光客数を増加させねばならない。しかし、来訪中国人が急激に増加すると、観光地で、どのような利点と欠点が生じるかを、それぞれ述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通論 分冊2 平成25,26年度課題
     日本を訪れる中国人観光客は、年々増加しており、平成20年における中国人観光客数は100万人にのぼる。世界観光機関によると、平成32年には、日本を訪れる中国人観光客が600万人になると推測されている。その要因はビザ発給要件の規制緩和である。富裕層の娯楽であった海外旅行は、中間層でも行けるようになった。中国人観光客が、日本に与える影響は計り知れない。なぜなら、その数が膨大であるからである。観光業において、彼らの存在はなくてはならないものになってきている。そこで、彼らの日本に与える影響には、プラス面もあれば、マイナス面に分けてみていく。
     まず、プラス面は、経済効果である。来日者数が多いのに加え、観光地でのショッピングに使う金額も膨大である。観光庁は、2019年に全体で2500万人(2009年の約3.5倍)の訪日旅行目標を達成すれば、直接、間接の経済効果は14兆円、雇用波及効果は82万人になると推測している。その他の効果としては、様々な地域での観光復興である。中国人観光客は、東京、大阪に限らず、日本各地で見受けられる。日本に乗り入れる中国の航空会社も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。