日大通信 税法 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数781
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信税法分冊2

    代表キーワード

    日本大学

    資料紹介

    課題:次の中から1問を選択し、番号に必ず○印を付けて答えなさい。
    1 源泉徴収制度の二次元的法律関係を説明し、その問題点を指摘しなさい。
    2 税務調査権の種類・内容・法的限界を説明しなさい。
    3 わが国の税務争訟制度の仕組みを説明し、その問題点を論じなさい。
    4 わが国の租税制裁制度の構造を説明し、その問題点を論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 税法 分冊2 平成25,26年度課題
     日本国民は、日本国憲法に基づいて納税の義務を負っている。日本における税制度は、申告納税制度を採用しており、納税者が税額を計算し、申告、納付する仕組みになっている。よって、納税者のコンプライアンスが前提となっているため、意図的な脱税が起きやすい。また、意図的でなくてもミスは起こりえる。そこで、納税の公平性を保つことや確実な税収を得るという目的から、脱税や申告内容の誤りを是正する必要がある。それが、税務調査である。税務調査は、課税庁の職員が法律の規定に基づいて納税者やその他納税者と関係のある者に対して、質問、検査、臨検、捜索を行うことである。法律により、それらの調査を行う権利が与えられており、それを税務調査権と呼ぶ。税務調査権は、大きく3つの種類に分けることができる。
     1つ目が、課税処分を行うための調査権である。具体的には、納税義務確定のための資料収集を目的とする。性質上、被調査者の同意、協力を前提とする任意調査である。しかしその反面、被調査者は調査を受忍する義務を負い、応じない場合は、罰則による制裁を受ける。制裁を避けるために、調査に応..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。