日大通信 保険総論 分冊2 合格レポート 平成23、24年度課題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数413
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 保険総論 分冊2 合格レポート 平成23、24年度課題
     日本における保険の販売チャネルについて記述する。まず、販売チャネルとは、保険の募集を行う際の販売経路のことである。販売チャネルには、営業職員、代理店、保険仲立人(ブローカー)、通信販売がある。そこで、それぞれの特徴、課題を述べる。
     まず、営業職員による保険の勧誘について取り上げる。営業職員チャネルは、保険会社の職員が各家庭や企業をまわって勧誘を行う場合と会社の窓口にて加入をしてもらう2通りがある。しかし、日常生活をおくっている中で保険の必要性を感じる機会はほとんどないため、積極的に保険の加入を行う人も多くはない。よって、保険の販売は、営業職員による訪問販売によるところが大きい。特に戦後、生命保険の販売では大部分が女性を中心といて営業職員によって行われてきた。もともと保険との接点が少ない国民にできるだけ保険の必要性を広め加入を促進するためには、大量の営業職員を採用し、勧誘を行うことが必要であった。この方法により、大量の加入者が得られたのであるが、営業職員は営業成績のために無理な勧誘に追い込まれた。そのため、成績が低い営..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。