聖徳大学通信 女性と子どもⅠ第二課題第一設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数272
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    聖徳大学通信、全学科共通科目の女性と子どもⅠ第二課題第一設題のレポートです。
    評価はBでした。

    <参考文献>
    書名・短編女性文学現代
    著者・今井泰子、藪貞子、渡辺澄子
    出版社・おうふう
    発行年月日・1993年11月30日初版発行、2009年2月20日6刷発行

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題第一設題
    本レポートでは、「海の方の子」(山田詠美)について作品と作家について論じる。
    この作品の主人公は、おませでおせっかいで、人の心を読むのがうまく他の子ども達に比べ様々な点に於いて抜きんでているのを自負していた。また、たったの九歳にしておごる事無く人々を愛そうと決意をしたという優等生的な考えを持っていた。そんな彼女の性格が形成された背景には父親の仕事の関係で何度も転校を繰り返していたという事が挙げられる。転校先でいじめに会わない様に、誰からも愛されるようにという彼女の努力から、人の気持ちを読み取るのが上手になったのであろう。沢山の本を読み知識を多く見に付けていたというのも何処の土..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。