聖徳大学通信 学校臨床心理学第四課題第一設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学通信、心理学科の学校臨床心理学第四課題第一設題のレポートです
    評価はAでした。
    <参考文献>
    ・学校臨床心理学→伊藤美奈子/平野直己・有斐閣アルマ・2011/1/20 初版第6刷発行

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第四課題第一設題
     スクールカウンセラーの来校する頻度というのは週に1~2回である為、学校や教師に馴染み慣れ、連携を持つ事が単独では難しい場合が有る。又、教師がスクールカウンセラーを形式的に活用はするが必要最低限しかスクールカウンセラーとは交流しないという教師も存在する。更に、スクールカウンセラーも学校に入ると教師の忙しさを認識し、慣れてくると無理に交流を持たなくても良いのではといった雰囲気を持つスクールカウンセラーも存在する。一方で教師側からは「挨拶も出来ない」「自分の方から教師達に交流を持たない」等といった声も出る場合が有る。そうした擦れ違いの中にあっては教師とスクールカウンセラーが相互に..

    コメント1件

    ホルモン野郎 販売
    評価はAでした。
    <参考文献>
    ・学校臨床心理学→伊藤美奈子/平野直己・有斐閣アルマ・2011/1/20 初版第6刷発行
    2015/10/13 0:29 (13ヶ月3週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。