介護概論

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉日本高齢者人権社会介護心理健康

    代表キーワード

    福祉介護概論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「高齢者の特性と高齢者を取り巻く環境をふまえ、これからの高齢者支援について述べよ。
    序論
     日本では、人口の高齢化が世界に類を見ないスピードで上昇、高齢化率は21%以上の超高齢社会となっている。1980年代より、深刻な高齢化が予想される将来に向けて本格的な取り組みが試行されてきた。社会福祉を学ぶものとしてこの高齢者福祉の前提となる社会環境と高齢者の特性を理解しこれからの高齢者の支援の在り方を考察することは、高齢者問題を理解するのみならず、福祉全般の理解につながることである。
    2.本論
    ■高齢者の心理的特徴
    高齢者では、一般的に感情面や人格面では、年をとるとともに頑固になり、また保守的傾向が強くなり、人に対してはきびしくなるとともに疑いやすくなる。また、死に対する不安から自分自身の健康状態への関心が異常に高まることがある。
    ●知的能力
     知的能力は健康な高齢者では劣えていくのは小さく、かなり高齢まで維持される。しかし、高齢者の中で日常生活に問題が起こるような急激な知能の低下がみられた場合、たとえば、御飯を食べたことを忘れてしまい、食事を再度要求したりする場合、病気を疑うべきであることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。