心理検査法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数285
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「以下の6種の心理検査の中から、[設題1]で選択したもの以外で好きなものを1種選択し、選択した心理検査について、その特徴を述べよ。」
    序論
    矢田部・ギルフォード性格検査(Y-G性格検査) は性格検査の一種であり、質問紙法を用いることが特徴である。Y-G性格検査の前提として、性格検査と質問紙法について理解する。
    性格検査は性格に関する側面を把握するためのものであり、臨床心理学の中で性格の特徴を把握することは、クライエントの精神的成長過程や治療過程の検討などの目的で用いられる。
    質問紙法は査定すべき内容に関する多種の質問項目を設定し、被検者の回答を得るという、自己報告に基づいた方法である。個別でも集団でも実施できる。実施対象は、小・中・高校生あるいは成人用というように検査が分けられていることが多い。
    Ⅱ.本論
    概要
    矢田部ギルフォード性格検査(YG性格検査)はJ.P.ギルフォードが考案した性格検査モデルを矢田部達郎・辻岡美延・園原太郎らが日本文化に整合するように構成した性格検査あることが特徴である。
    この検査は質問紙によるもので、12個の性格因子を調べるための120個の質問から成り立ってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。