重複障害・LD等教育総論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数187
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症の各障害の特徴と支援のあり方について解説し、学級における配慮点についてまとめよ。」
    Ⅰ.序論
     特殊教育から特別支援教育に発展し、展開される現在の障害児教育では、従来、学習や生活に問題がある児童として扱われていた児童に、障害として見る視点を導入することにより、特殊な対応と理解をもって育成してくことができるようになった。学習障害(LD)、注意欠陥他動性障害(ADHD)、高機能自閉症などの概念が障害の中に提唱され、個別、個別の専門的な対応により、本人のニーズを充足させ、自立と社会参加に向けた主体的な取り組みを支援することが目的である。
    Ⅱ.本論
    学習障害(LD)の特徴
    学習障害とは、基本的には全般的な知的発達には遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習慣と使用に著しい困難を示す、さまざまな障害をさすものとされ、その背景には中枢神経に何らかの機能障害が推定されている。
    学習障害の基本症状は、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用の著しい困難である。LDの読み書きを中心とする問題は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。