精神医学②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数180
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」
    Ⅰ.序論
     精神医学には診断と治療がある。ソーシャルワークに関係する者にとって、クライエントとのコミュニケーション、支援計画において精神医学の治療方法を理解することは重要であり、福祉と精神医療との連携を展開する
    上での基礎となるものである。
    Ⅱ.本論
    1精神療法の定義
     精神医学は身体と精神を取り扱う。治療においても、身体面に働きかける方法と精神面に働きかける方法に大別できる。精神療法は、精神医学的治療の一つで、言語的、非言語的な対人交流を通じて精神的な問題を解決し悩みを軽減することを目的とした精神医学的および心理学的治療法と定義できる。
    精神療法と対比されるものは身体的療法であり、薬物療法が代表である。例えば、うつ病の治療では、薬物療法によって、さまざまな症状を改善し、社会生活が送れるようになるまで、精神力を復元させることが基本となる。しかし、薬物療法だけでは治療は不十分であり、患者とのあいだにしっかりとした信頼関係を作り、患者が安心して治療を受け続けられるように、さまざまな配慮が必要となる。つまり、言語を使って患者の心に直接働きかけ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。