社会保障論Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数252
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「介護保険制度の概要と課題について述べよ」
    序論
     1980年代より、深刻な高齢化が予想される21世紀に向けて本格的な取り組みが試行されてきた。1989年の高齢者保険福祉10ヵ年計画(ゴールドプラン)の後、福祉八法の改正が改正され、在宅福祉サービスの基盤が法的に整えられ、2000年より介護保険制度が導入され、少子高齢社会における高齢者の介護問題に関する社会保障が具体的な形で試行されることになった。この介護保険制度の導入をめぐる理念と社会背景を理解することは、高齢者問題を論じるのみならず、福祉全般の理解につながる。
    本論
     ■背景
     戦後、福祉国家として生まれ変わった日本は、社会保障、福祉政策を充実させるべく努力してきた。医療技術の向上、社会福祉制度の充実により、国民の平均寿命は戦後から現在まで約20年延びた。それと同時に、産業発展により、農村型社会から都市型社会に急速に変化し、核家族化、共働き家族など増加により家族の機能も変化し、従来の家族による介護の限界は社会の共通認識となり、少子高齢社会を支える本格的な介護のシステムが必要となった。
    制度の概要
    介護保険は、介護を必要とする国民のた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。