社会保障論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国民年金制度の概要と課題について述べよ。」
    1.序論
    産業革命後の先進国の社会では、少子高齢化、核家族化の社会に変化した。その社会の中で、従来の農村型社会のように老後を送ることは困難になった。そこで、この間隙を埋める社会保障制度が必要になり、国民年金制度が登場した。
    平均寿命が80歳を超えるとされる現在、誕生から死亡まで、平均的な日本人は、生活の設計をこのライフスパンで設計することが予定される。誕生から就学、学校卒業と就職、結婚、育児、そして死亡が予定される。この人生設計において、多くの場合、退職後の60歳からの第二の人生を有意義に豊かに送るために、第二の人生の設計も必要となっている。多くの現代人にとって、国民年金は老後の生活設計にとって大きな役割をもっている。
     一方で国家、社会にとって、国民年金はどのような意味を持つであろうか。国民年金は、社会保障のうちの社会保険の一つとして位置づけられる。社会保障の機能として、社会的リスクの分散、セイフティーネットの機能、家族機能の支援・代替機能、所得の再分配機能、経済の安定の機能が挙げられる。具体的に考えると、もし国民年金制度が存在しなかった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。