精神保健福祉論③

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数86
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉施策の現状と課題について述べよ。」
    Ⅰ.序論
    高度情報社会そして高齢社会とも言われ、さまざまなストレスを抱え、心の不健康な状態で生きる人々が増加した。価値観が多様化し、変化が激しく人間関係の希薄な現代社会に適応するのは難しいことなのである。生産性が中心の社会では必然的に精神的な問題が社会問題となり、国家的に取り組みが必要となる。
    Ⅱ.本論
    1.精神保健福祉法と障害者自立支援法
    現在の精神保健福祉の基本法は精神保健福祉法と障害者自立支援法と考えることができる。本稿では、精神保健福祉法と障害者自立支援法の現状と課題について考察する。
    精神保健福祉法は、
    •精神障害者の医療及び保護を行うこと
    •障害者自立支援法とともに、精神障害者の社会復帰の促進、自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行うこと
    •精神疾患の発生の予防や、国民の精神的健康の保持及び増進に努めること
    によって、精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的とした法律である。
    精神障害者保健福祉手帳
    精神障害者(知的障害者を除く。)は、その居住地(居住地を有しないときは、その現在地)の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。