教師論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数64
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉人権精神社会医療障害者障害法律地域

    代表キーワード

    社会福祉教師論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ。」
    序論
    日本においては教育の目的を個人より社会の側に置く傾向が強いと言える。戦後直後の教育では日本社会の民主化が、高度経済成長期には産業振興が、昨今では新自由主義に基づく国際経済競争や愛国心などが政策において重視されてきたが、結局のところ、個人がより良く生きるための教育という理念が軽視されていたのではないだろうか。憲法13条が目指す、個人の尊厳という目的を教育の施策において十分に実現してきたとは言いがたい。人がより良く生きるということを福祉国家の目標と単純に考えれば、これからの教育はもっと一個人の一生涯を考えた施策が必要である。
    本論
    序論で述べた方向性の基に、これからの教師に必要な資質とは、大きく分けると①学習指導力と②子どもと信頼関係
    を形成する能力である。
     ①学習指導力
    A.わかりやすい授業
    教師の本分は何よりもまず学習指導であって、日々生徒にわかりやすい授業を提供するためにはどのような工夫が必要か教材研究・教科研究を怠らない熱意が大切である。単に教科書に沿った授業というのではなく、この単元を教えるには、どの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。