地域福祉論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数230
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ」
    序論
    日本は、凡そ1980年からの福祉の調整期を経験して以来、現実の社会保障、福祉、医療政策は、従来の施設中心の施策から、在宅によるサービスの提供を目指してきた。そして、現在の社会福祉政策は、単なる在宅福祉を目指すのではなく、より広い意味での「地域福祉」を実現しようと施策を掲げている。この地域福祉には、住民の参加と創造、ノーマライゼーション、ソーシャルインクルージョンなど様々な福祉の原理が包含され、現実の社会問題、福祉・医療の実務的課題をも包含するものとして期待されている。
    平成12年に社会福祉事業法は、社会福祉法へと発展的に改正され、その中に第1条、第4条に国家、地方公共団体、その他福祉に関係するあらゆる民間機関、民間人は、“地域福祉”を実現するべく努力することが定められた。“地域福祉”の概念は、我が国の独特の事情と海外から理論の影響を受けて、独自に発展してきたものであり、その概念を解析し、より深い理解につなげる必要がある。本稿では、このような“地域福祉”の背景にある原理を再確認するため、“地域福祉”を大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。