障害者福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数216
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害者の自立支援の現状と課題について述べよ。
    序論
    障害者は福祉の対象者として、特別に扱われるという考え方が現在も根強く残っている。しかし、現在の障害者福祉がめざすものは、現実の社会に流されることのない、福祉の分野すべて共通する現在の考え方から生まれる創造的な社会である。本稿では、障害者福祉の理念の確認、社会福祉全般の理念を確認し全体的な視点を通じて、障害者福祉の分野の現状と課題を考察する。
    本論
    障害者福祉の具体的な制度を確認、考察するためにその基礎となる考え方について確認する。
    ノーマライゼーション
    1950年代のデンマークにはじまり、日本では、1980年代に国際連合による障害者年の設定を契機に広まった。現在は障害者福祉分野にとどまらず、福祉全般のわたる理念として定着している。全ての障害を持つ人々が、地域で普通に生活することができるようになるというこの思想は障害者福祉の基本の中の基本であり、すべての思想はこの理念に包含されると考えてもよいだろう。
    ソーシャルインクルージョン
    1980年代の移行のヨーロッパ社会において移民労働者を標的にした排斥運動に象徴される社会排斥に対応する施策..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。